Eight企業向けプレミアムサービス利用規約

Eight企業向けプレミアム利用規約

第1条 はじめに
1. この利用規約(以下「企業向けプレミアム利用規約」といいます)は、Eightサービス利用規約に定めるその他の利用規約等として、Eightサービス利用規約の一部を構成します。
2. 企業向けプレミアム利用規約は、企業向けプレミアムユーザー(企業向けプレミアム利用規約第2条1号で定義します)が企業向けプレミアムサービス(企業向けプレミアム利用規約第2条2号で定義します)を利用するにあたって、当社と企業向けプレミアムユーザーとの間の一切の関係に適用するものとします。
3. 企業向けプレミアム利用規約に定めのない事項は、すべてEightサービス利用規約の定めが適用されます。
4. 企業向けプレミアムユーザーは、企業向けプレミアムサービスを利用することにより、企業向けプレミアム利用規約の内容について同意したものとみなされます。
5. 当社が企業向けプレミアム利用規約の内容を変更する場合には、変更後の企業向けプレミアム利用規約及び変更の効力が発生する日について、予めEightサイト上に表示いたします。また、当該変更後も引き続き企業向けプレミアムサービスを利用されたことにより、当該変更に関する企業向けプレミアムユーザーの同意があったものとみなされます。
第2条 定義
企業向けプレミアム利用規約において使用する用語の意義は、次の各号の定めるとおりとします。なお、Eightサービス利用規約で定義した用語の意義は、企業向けプレミアム利用規約で別段定める場合を除いて、全てEightサービス利用規約の用語の意義と同一とします。
(1) 企業向けプレミアムユーザー:企業向けプレミアム利用規約第3条に従い登録手続を完了した法人・団体等をいいます。
(2) 企業向けプレミアムサービス:企業向けプレミアムユーザーがEightサービスで利用できる当社の有料サービスをいいます。なお、当社は、企業向けプレミアムサービスの内容を、Eightサイト上に表示します。
(3) 企業向けプレミアムアカウント:企業向けプレミアムユーザーがEightサービス上で有するアカウントをいいます。
(4) 企業向けプレミアム管理者:企業向けプレミアムユーザーである法人・団体等に所属し、企業向けプレミアム利用規約第4条2項に定める企業向けプレミアムアカウントの管理権限を有する者をいいます。
(5) 企業向けプレミアムメンバー:企業向けプレミアムユーザーである法人・団体等に所属し、企業向けプレミアムサービスに参加する者をいいます。
第3条 企業向けプレミアムサービスの利用登録
1. 企業向けプレミアムサービスの利用を希望する法人・団体等(以下「申込者」という)は、企業向けプレミアム利用規約の内容に同意した上で、当社所定の方法により、必要な情報を提供した上で企業向けプレミアムサービスの登録申込を行うものとします。
2. 当社は、申込者から提供された情報をもとに、企業向けプレミアムサービス登録のために必要な
審査を行い、当社が企業向けプレミアムサービスの登録を認める場合、申込者に登録手続完了した旨を通知します。申込者は、当該通知の受領時から企業向けプレミアムサービスの利用ができるものとします。
3. 前2項に基づき企業向けプレミアムサービスの登録が認められた場合、当該企業向けプレミアムユーザーの企業向けプレミアムアカウントが作成されます。
4. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、当社の判断によって、企業向けプレミアムサービスの利用登録をキャンセルすることがあります。
(1) 申込者又は申込者に所属する者が、過去にEightサービス利用規約その他当社が定める規約等に違反したことを理由として、強制退会処分を受けた者である場合
(2) 申込者が第9条1項に基づき登録したクレジットカードの与信に問題がある場合
(3) 申込者又は申込者に所属する者が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます。)であると判明した場合
(4) 申込者又は申込者に所属する者が、自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的責任を超えた不当要求行為、取引に関して脅迫的な言動や暴力を用いる行為、風説・偽計・威力を用いて会社の信用を棄損し又は会社の業務を妨害する行為、反社会的勢力等の活動を助長し又はその運営に資する行為、反社会的勢力等への利益供与等その他これらに準ずる行為を行っている場合
(5) その他当社が不適切と判断した場合
5. 当社は、ユーザーが誤って別の法人・団体等として企業向けプレミアムサービスの利用登録をした場合において、返金及び他の法人・団体等への企業向けプレミアムサービスの移転等の対応はいたしません。
第4条 企業向けプレミアム管理者
1. 企業向けプレミアムユーザーは、自らに所属する者の中から企業向けプレミアム管理者を少なくとも1名選任するものとします。
2. 企業向けプレミアム管理者は、企業向けプレミアムアカウント及び企業向けプレミアムサービスにつき、次の各号に定める操作等を行う管理権限を有します。
(1) 企業向けプレミアムアカウントに関する情報の変更・修正等
(2) 新たに企業向けプレミアムメンバーを招待し、または企業向けプレミアムメンバーを解除すること
(3) その他当社が企業向けプレミアム管理者の権限で可能とする操作
3. 企業向けプレミアムユーザーは、次の各号のいずれかに定める場合には、自らに所属する企業向けプレミアム管理者が少なくとも1名選任されている状態となるよう留意し、必要に応じて新たに企業向けプレミアム管理者を選任するものとします。
(1) 企業向けプレミアム管理者が当該企業向けプレミアムユーザーに所属する者ではなくなった場合
(2) 企業向けプレミアム管理者がEightサービス退会、Eightサービスのユーザー登録抹消その他の理由でEightサービスの利用を終了する場合
(3) その他、企業向けプレミアム管理者が当該企業向けプレミアムユーザーにおける企業向けプレミアム管理者としての資格を失った場合
4. 当社は、企業向けプレミアムサービスの利用に関する各種事項につき、企業向けプレミアム管理者に対して通知するものとします。
5. 企業向けプレミアムユーザーは、企業向けプレミアム管理者を選任するにあたり、企業向けプレミアム利用規約に定める企業向けプレミアム管理者の義務及び権限につき、事前に十分な説明を行うものとします。
第5条 企業向けプレミアムメンバーの条件
1. 企業向けプレミアム管理者は、適法な範囲において、新しく企業向けプレミアムメンバーを招待することができます。
2. 前項の招待を受けた者は、当該招待を承諾した時点で企業向けプレミアムメンバーとして追加されます。
3. 企業向けプレミアムメンバーは、Eightプレミアムサービスのプレミアム会員と同等の機能を利用することができるものとします。
4. 既にEightプレミアムサービスを利用するプレミアム会員が企業向けプレミアムメンバーとなる場合、当該Eightプレミアムサービスの有効期間中に限り、当該企業向けプレミアムメンバーについて、第8条1項の企業向けプレミアムメンバーの参加料金は発生しないものとします。
第6条 企業向けプレミアムアカウントで利用する情報等の管理
1. 企業向けプレミアムユーザーは、企業向けプレミアム管理者をして、企業向けプレミアムアカウントの情報を適切に管理させるものとします。
2. 企業向けプレミアムユーザーは、企業向けプレミアムアカウントの不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を負うものとし、当社はいかなる責任も負いません。当社は、企業向けプレミアムユーザーからの不正利用に対する調査要請に協力する義務を負いません。
第7条 企業向けプレミアムサービスで利用する情報等
1. 企業向けプレミアムユーザーが企業向けプレミアムメンバーの所有する名刺等の情報を企業向けプレミアムサービスで管理させる場合、当該名刺等の情報が企業向けプレミアムサービスで管理することが適切なものであるかにつき、当社は一切の責任を負わないものとします。
2. 企業向けプレミアムメンバーの所有する名刺等の情報を企業向けプレミアムサービスで管理したことにより、企業向けプレミアムユーザー又は企業向けプレミアムメンバーと第三者との間に紛争等が発生した場合、企業向けプレミアムユーザーの費用と責任において解決するものとします。
3. 企業向けプレミアムユーザーは、企業向けプレミアムメンバーが自らの所有する名刺等の情報を企業向けプレミアムサービスで管理しようとする場合には、当該名刺等の情報を企業向けプレミアムサービスで管理することが適切であるか予め十分に確認するよう、企業向けプレミアムメンバーに対し注意喚起するものとします。
第8条 利用料金
1. 企業向けプレミアムユーザーは、当社に対し、Eightサイト上で表示する企業向けプレミアムサービスの基本使用料、同オプション使用料及び企業向けプレミアムメンバーのアカウント料(以下合わせて「利用料金」といいます)を、当社が定める期日までに、企業向けプレミアム利用規約第9条に定める決済手段に準じて支払うものとします。
2. 当社は、企業向けプレミアムサービスの有効期間の途中で企業向けプレミアムサービスが解除又は全部若しくは一部解約された場合であっても、利用料金の返金はせず、いかなる場合であっても返金や日割計算等による精算は行っておりませんのであらかじめご注意ください。また、当該解除又は解約時において、企業向けプレミアムユーザーによる利用料金の未払い分がある場合は、企業向けプレミアムユーザーは当該未払い分に相当する額を別途解約料として支払うものとします。
3. 当社は、当社の判断で、企業向けプレミアムユーザーに事前に通知し、利用料金の変更をする場合があります。
4. 振込手数料、並びに消費税及び地方消費税(以下、消費税と地方消費税を合わせて「消費税等」といいます)は企業向けプレミアムユーザーが負担するものとします。登録有効期間中に消費税等の変更があった場合には、変更後の登録有効期間については変更後の税率が適用されるものとします。
第9条 決済手段
1. 企業向けプレミアムユーザーは、自己又は自己の企業向けプレミアム管理者の管理に属する有効なクレジットカードその他の決済方法を決済手段としてEightサイト又はApp Store、Google Playに登録し、当該決済手段によって利用料金を支払うものとします。
2. 前項の決済手段は、次に掲げるいずれかの方法によるものとします。
(1) クレジットカード
(2) App Store、Google Playが定める方法
(3) 当社の発行するクーポン及びプロダクト・キー
(4) その他当社が定める方法
3. 企業向けプレミアムユーザーは、登録したクレジットカード情報(クレジットカード会社、カード番号等)に変更があった場合には、当社所定の方法により、当該情報の変更を行い、利用料金の支払が遅滞なく行われるようにしなければなりません。当該変更を怠ったことにより生じた損害については、当社は一切の責任を負いません。
4. 当社は、本条に定める代金決済についての領収書等は発行いたしません。
第10条 遅延損害金
企業向けプレミアムユーザーは、利用料金を支払期日までに支払わない場合、支払期日の翌日から支払日まで適用される法令に定める利率の遅延損害金を利用料金とあわせて、当社が指定する方法で支払うものとします。なお、支払いに必要な振込手数料その他の費用は全て企業向けプレミアムユーザーの負担とします。
第11条 有効期間等
1. 企業向けプレミアムサービスの有効期間は、利用開始日より1年間となります。但し、有効期間満了の30日前までに当社が指定する方法によって解約の申し出がない場合、自動的に更新されるものとし、以降も同様とするものとします。
2. 企業向けプレミアムメンバーが企業向けプレミアムサービスを利用することができる利用期間は、招待の承諾日より1カ月となります。但し、利用期間満了日までに当社が指定する方法によって
解約の申し出がない場合、自動的に更新されるものとし、以降も同様とするものとします。
3. 本条の定めにかかわらず、企業向けプレミアムアカウントに関連付けられる全ての企業向けプレミアムメンバーが、Eightサービスを退会する場合、Eightサービスのユーザー登録が抹消される場合、又はその他Eightサービスの利用を終了する場合、当該企業向けプレミアムアカウントを利用する企業向けプレミアムユーザーにつき、企業向けプレミアムサービスが解約されます。
第12条 企業向けプレミアムサービス利用の停止又は解除
1. 当社は、企業向けプレミアムユーザーが次の各号のいずれかに該当すると当社が判断する場合、企業向けプレミアムユーザーに対し、企業向けプレミアムサービスの利用を一時停止し、又は企業向けプレミアムサービスを解除することができます。
(1) 企業向けプレミアム利用規約、Eightサービス利用規約、その他適用される利用規約等に違反した場合
(2) 全ての企業向けプレミアム管理者と連絡がとれない状態が30日以上継続した場合
(3) 利用料金の支払いを遅滞し、又は支払わない場合
(4) 決済手段の利用が停止された場合
(5) 仮差押え、仮処分、強制執行又は租税滞納処分等を受けた場合
(6) 破産手続開始の申立て又は民事再生手続開始の申立てがあった場合
(7) 反社会的勢力等であると判明した場合
(8) 自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的責任を超えた不当要求行為、取引に関して脅迫的な言動や暴力を用いる行為、風説・偽計・威力を用いて会社の信用を棄損し又は会社の業務を妨害する行為、反社会的勢力等の活動を助長し又はその運営に資する行為、反社会的勢力への利益供与等その他これらに準ずる行為を行っている場合
2. 前項の措置により企業向けプレミアムユーザーに不利益・損害が発生した場合においても、当社は一切の責任を負いません。
第13条 解約・解除後の登録情報の扱い
当社は、企業向けプレミアムサービスの解約又は企業向けプレミアムサービスが解除された場合、当該企業向けプレミアムサービス、企業向けプレミアム管理者及び企業向けプレミアムメンバーの情報について、当社が定める方法により削除します。
第14条 損害賠償
1. 企業向けプレミアムユーザーは、企業向けプレミアム利用規約に違反することにより、又は企業向けプレミアムサービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害(間接損害を含む)を賠償しなければなりません。
2. 当社は、企業向けプレミアムユーザーが企業向けプレミアムサービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず賠償の責任を負いません。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社がユーザーに対して損害賠償責任を負う場合の賠償責任の範囲は、当社の責に帰すべき事由により現実に発生した通常かつ直接の損害に限られるものとし、かつ、損害の事由が生じた時点から遡って過去1年間に当該企業向けプレミアムユーザーから受領した利用料金の総額を上限とします。ただし、企業向けプレミアムサービスの利用に関して当社の故意
又は重大な過失により損害を被った場合については、この限りではありません。
第15条 事例の公開
1. 当社は、企業向けプレミアムユーザーからの特段の申し入れのない限り、企業向けプレミアムユーザーの会社名・名称等を当社導入企業として公開することができるものとします。
2. 企業向けプレミアムユーザーは、事例を公開する場合に必要な範囲でロゴ及び商標等の使用を当社に無償で許諾するものとします。

(2020年5月7日改定版の適用に関する附則)
2020年5月7日に企業向けプレミアムサービスがリニューアルされることを受け(以下、リニューアル前のサービスを「旧バージョン」、リニューアル後のサービスを「新バージョン」という)、同日の企業向けプレミアム利用規約改定によって、「企業向けプレミアムサービス」の定義が変更されます。同改定後の企業向けプレミアム利用規約については、以下の通り適用されるものとします。
a. 2020年5月7日の新バージョンのリリース以降に利用登録をした企業向けプレミアムユーザーは、別途当社との間で合意があった場合を除き、新バージョンを利用するものとし、2020年5月7日に改定された企業向けプレミアム利用規約(以下「2020年5月7日改訂版規約」という)が適用されるものとします。
b. 2020年5月7日の新バージョンリリース前から企業向けプレミアムサービスを利用していたユーザーについては、2020年5月7日以降も、引き続き2020年5月7日改定前の企業向けプレミアム利用規約(以下「改定前規約」という)が適用され、改定前規約に基づき旧バージョンを利用するものとします。改定前規約の適用を受けるユーザーが利用する企業向けプレミアムサービスは、順次旧バージョンから新バージョンに移行されるものとし、新バージョンに移行された時点をもって、2020年5月7日改訂版規約が適用されるものとします。

(附則)
2017年9月29日制定 2017年9月29日適用

(改定履歴)
2018年10月30日 改定
2019年2月21日 改定
2019年10月2日 改定
2020年5月7日 改定
2020年11月26日 改定